wifiのルータをレンタルする用途とは

無線接続でインターネットに繋げられるwifiのルータは、レンタルで利用することができます。用途は様々ですが、外出先やインターネットの通信回線が開通していない場所で、固定回線の代わりに快適にインターネットを使いたいという理由で申し込みをする方がほとんどです。 また、無線接続のインターネット環境がどのような物かお試しで借りる方もいます。契約をすると1年や2年単位の期間利用をしなければならず、途中で解約をすると違約金が発生することもあります。自宅の環境が合うのであればケーブルで繋いだり、工事が必要になったりすることがないので快適に使えるでしょう。 借りるには1日単位の短期契約や1ヶ月~1年単位の長期契約を結べる会社もあり、長期間にわたる旅行や出張などでも利用できることがあります。中途解約をしても違約金が発生しない会社もありますので色々な会社を比較してみるといいでしょう。

出張や旅行での用途で人気の理由

出張先や旅行先でインターネットを利用するのに、携帯電話やスマートフォンをルータとして使えばいいのではと考える方もいるかもしれません。しかし、携帯電話回線を利用するとデータ量が多くなりパケット代がかさんだり、通信制限を受けたりする恐れがあります。空港や駅や店舗などで無料でインターネットに接続できるスポットがあるので、そちらを利用すればいいのではと思う方もいるでしょう。アクセスポイントがオープンになっている場所では、色々な人が接続しています。悪意のある第三者が利用してパスワード等の情報を盗む危険性があります。個人情報や機密情報が漏洩して、被害を受ける可能性もあるのです。 レンタルwifiを利用すれば、接続に十分な速度が出ますしパケット代の節約にもなります。ルータ自体にパスワードが設定されているため、接続をしても情報が漏洩するリスクが少なくなります。出張先でWEB会議システムを使って打ち合わせをする時にも安心して使えるでしょう。

貸し出しや返却などの手続きもしやすい

wifiのレンタルサービスを利用するには全国に対応している所が多く、宅配便を使って貸し出しや返却ができるので便利です。最寄りに店舗がなくても借りやすいでしょう。ホームページから借りたいルーターを選んで申し込みをすれば、指定の日時までに届けてもらえます。返却する時には、同封されているケースを使ってサービス業者に宅配便で送付するだけです。 海外に旅行や出張に行く方や航空機を使って国内に出かける方が利用するには、空港に支店がある会社を選ぶと便利です。貸し出しと返却の手続きを空港内の店舗でできるので、手間がかかりません。渡航先でインターネットを使う用途で借りる方は、国ごとによって使える機器が違う場合がありますので注意が必要です。サービス店舗の中には破損や紛失や故障のトラブルがあった場合に備えて、保証サービスをオプションで利用できる場合があります。心配であればサービス体制が整っている業者を利用するといいでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加